So-net無料ブログ作成
検索選択

TN-491の互換トナーはあるの? [TN-491 互換トナー]

発売されたばかりのブラザー新レーザープリンター・複合機用のトナーTN-491ですが、もう互換トナーがあるんでしょうか?!

実はもう、でてるんです。

ですがどうやら中国のショップらしくて、本当に信用できるかどうか微妙なところです。

ショップのレビューを見ると良い口コミも悪い口コミもあり、これはなかなか判断が難しいです。

なので今すぐに互換トナーが必要!って方以外はちょっと慎重になった方がいいかもしれませんね。

買う人はある程度のリスクは覚悟でどうぞ。

→TN-491BK互換(アマゾン)


もう少し待てば国内のショップでも互換トナーの販売予定があるとの事なのでもう少し待つのを個人的にはおすすめしたいとこです。

いつ出るかは名言できませんが、早くても年末くらいかもしれません。詳細判明しだいこちらで情報を更新していきますが現状では純正が無難と言っておきます。


トラックバック(0) 

その他の消耗品 [etc]

レーザープリンターに必要な消耗品はトナーだけでなく、廃トナーボックスも必要になります。

レーザープリンターはトナーを紙に付着させて印刷を行います。その際に不必要になったトナーを回収する受け皿が廃トナーボックス。

これが満タンになってしまうと印刷ができなくなってしまいます。

トナーよりも交換頻度は少ないし、物自体もそこまで高くないので交換を促す警告が出たら早めに交換しましょう。

TN-491を使用するレーザープリンターなら、廃トナーボックスを交換する機会は滅多にないでしょう。50,000枚が目安なので。

トラックバック(0) 

どれくらい印刷できる? [etc]

TN-491の印刷可能枚数はカラーが1800枚でブラックが3000枚です。

価格はカラーがおよそ9000円台、ブラックが7000円台。ブラックの方が枚数多いのに価格が安いので白黒印刷が多い人には嬉しいですね。

大容量モデルのTN-493はカラーが4000枚と倍以上になるのに対してブラックは4500と1.5倍程度に抑えられています。ただし価格もブラックだけ一万円を切っており、コスパ的にはかなり良いものとなっています。

トラックバック(0) 

再生トナー [etc]

再生(リサイクルトナーの存在は私が調べた時点では確認できませんでした。

リサイクルトナーは使い終わったトナーカートリッジを回収してトナーを入れ直して販売するトナーなので中古と言えなくもないです。

その分、不具合が発生する確率も若干高くなってしまいますが、余程運が悪くない限りは大丈夫でしょう。

TN-491が新しいトナーなので(2017年6月)まだ使い切る人がいないのでしょう。とはいえTN-491は印刷可能枚数が少ないため、ヘビーユーザーならあっというまに使い切ってる可能性もあります。なのでもう少し待ちかもしれませんね。

トラックバック(0) 

どのプリンターに使える? [etc]

TN-491には

HL-L8360CDW
HL-L9310CDW
MFC-L8610CDW
MFC-L9570CDW

上記の4機種のプリンターが使用できます。

2017年6月に発売されたばかりなので対応機種がこれからも増えてくかもしれませんね。

最も安いモデルがHL-L8360CDWで、プリンターの機能としては上位機種と比べても決して見劣りしないので複合機が必要ない場合はイチオシですね。今後の売れ行きが注目です。

一方、最も高価なのがMFC-L9570CDWで、こちらは複合機になります。価格はHL-L8360CDWのおよそ3倍。まあ、それなりの機能はあると思いますね。


トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。